すごいぞ蜂の子

蜂の子とは

栄養価の高さから高級品として扱われ、缶詰等に詰めて販売されている事の多い蜂の子ですが、どのような栄養を含んでいるか紹介されることはあっても食べ方等を紹介することは少ないです。

そこで今回は蜂の子の食文化を交えて調理例をご紹介したいと思います。まず、蜂の子が具体的に何蜂の子供かというと時々サナギや成虫も瓶等に一緒に入れることはありますが、基本的にミツバチやスズメバチ等の蜂の幼虫の事をいいます。
次に蜂の子の食文化についてです。中国で漢方の元に使われるほどたんぱく質やアミノ酸等必須栄養素を含んでいるのでルーマニア等の国と地域を中心に昔から食されてきました。日本でも第二次世界大戦時等、食糧不足による栄養失調を防ぐ為に食されてきました。現在でも長野県等の山がある県を中心に食されています。

では、蜂の子を食している人たちはどのように調理して食べているのでしょうか?
基本的に生で食べますが独特の癖を消すために素揚げにしたり、佃煮や炊き込みご飯にする等ご飯のお供として食べられてきました。
その他にも宮城県北部ではオオスズメバチの幼虫を使ったそうめんがあるそうです。

最後に、今までの記事いかがだったでしょうか?蜂の子食べたくなってきましたよね。今回紹介した調理例はほんの一例です。これ以外にも様々な調理方法があるので自分にあった調理方法で食べてみてください。

↑ PAGE TOP