メインイメージ メインイメージ

蜂の子はストレス性の耳鳴りに効く

昔から民間では、蜂の子が耳鳴りに効くという伝承がありました。今回の記事では、実際に蜂の子が耳鳴りの改善に有効なのかについてお伝えします。

蜂の子は耳鳴り改善の民間療法で使われている

蜂の子は高たんぱくでビタミン類やミネラル類が豊富なため、日本だけではなく、世界各地で食べられてきました。中国では滋養強壮に効果があるため、漢方の薬剤としても珍重されてきました。
日本では民間療法で、蜂の子が耳鳴りやめまいの改善に用いられてきた歴史があります。実際に耳鳴りが改善したという声も多く、蜂の子の何らかの作用が効果を発揮していると考えられ、研究が続けられてきました。現在では蜂の子がなぜ耳鳴りに有効なのか、そのメカニズムが解明されつつあります。

そもそも耳鳴りとは

さらに詳しく(クリックで展開)

耳鳴りとは、本人にしか聞こえない音が聞こえる状態をいいます。原因不明のうなりや不快音が聞こえるので、精神的苦痛を感じることが多い病気です。症状が重くなると、めまいや吐き気を伴う場合もあります。
原因は様々で、中耳炎など耳の病気が原因であるケースや、高血圧や脳梗塞など、耳以外の病気が原因のものもあります。また、ストレスによる自律神経の乱れなども原因のひとつです。
耳鳴りは他の重篤な病気のサインである場合もあります。蜂の子の摂取による改善も行いつつ、医療機関で診察を受け適切な治療も受けましょう。

ストレス性の耳鳴りに効く蜂の子

耳鳴りに有効な蜂の子の成分として、まず挙げられる成分がトリプトファンです。トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、体内で作りだせません。そのため蜂の子などトリプトファンを含む食品から摂取する必要があります。
トリプトファンは、精神を安定させる効果のあるセロトニンを生成する際に必要な成分です。トリプトファンをしっかりと摂取しセロトニンが十分に生成されると、精神が安定してストレスが軽減されていきます。その結果、ストレスが原因で発症していた耳鳴りの改善に効果が期待できるのです。
また、ビタミンB群の一種であるパントテン酸も蜂の子に含まれています。パントテン酸もトリプトファンと同様に、ストレス軽減に効果を発揮する成分です。パントテン酸は、副腎皮質ホルモンの働きを促進させます。副腎皮質ホルモンはストレスに対して抵抗力を発揮するホルモンです。
トリプトファンが神経を落ち着かせ、副腎皮質ホルモンがストレスに強い心身を作りだすので、どちらも含まれる蜂の子の摂取は、ストレスが原因の耳鳴りに効果的なのです。
さらに蜂の子にはトリプトファン、パントテン酸の他にも、精神を安定させる効果があるカルシウムやマグネシウムも含まれています。
また、蜂の子に含まれている良質なたんぱく質は、身体の各組織の材料となると共に、酵素やホルモンも作りだし、身体の正常な働きをサポートします。そのため身体全体が活性化して、耳鳴りの改善にも力が発揮されます。蜂の子は継続して摂取すると、心身の健康を守り向上させるので、結果として耳鳴りも改善されていくといえます。

蜂の子の耳鳴り改善に対する研究が続いている

蜂の子の、耳鳴りに対する効果を調査する研究も行われています。複数の耳鳴りの自覚がある患者へ、数カ月に渡り蜂の子を原料としたカプセルを投与したところ、多くの患者から耳鳴りの改善効果が得られました。
また、耳鳴り以外にも聴力の改善もみられ、蜂の子が耳鳴り改善や聴力回復に効果があることが分かりました。今後の研究では、耳の症状に効く蜂の子の成分が特定される日が来るかも知れません。

蜂の子は安全に耳鳴りを改善する

蜂の子の耳鳴り改善効果を得るには、ある程度期間が必要です。しかし、そのぶん薬のような副作用の心配はありません。むしろ蜂の子は、身体全体の機能や健康状態を改善させながら耳鳴り改善も期待できる食品です。
薬による副作用が心配な人は、蜂の子の継続摂取を試してみてはいかがでしょうか?もちろん蜂の子を摂取しつつ、主食や副食もしっかりと摂るように心掛けましょう。日々の安定した食生活や、規則正しい生活を続けつつ蜂の子を摂取すれば、蜂の子の効果を実感できるでしょう。

耳鳴りに有効な蜂の子

いかがでしたでしょうか?研究の結果、民間療法で伝えられてきた通り蜂の子には耳鳴りを改善する効果があるようです。さらに蜂の子は、体力増強や免疫力向上などの効果も望める優れた食品です。
耳鳴り改善だけではなく、栄養バランスや健康状態も改善してくれる蜂の子をおすすめします。耳鳴りの改善と共に、健康と美容の維持も目指しましょう。

関連コラム一覧