メインイメージ メインイメージ

蜂の子と一緒に摂ろう!相性の良い食材6選

蜂の子は、それだけでも人体に必要な様々な栄養素が摂取できる優れた食品です。ミネラル類やビタミン類のバランスがよく、民間療法では耳鳴りに有効ともいわれています。
今回はそんな蜂の子と相性が良い、蜂の子と合わせて摂りたい食材について紹介します。より優れた栄養バランスや効果を得るためにおすすめの食材を紹介しますので、是非参考にされてください。

植物性の食品は蜂の子と相性が良い

動物性の食品を食べる際、同時に植物性の食品を摂取すると栄養のバランスがとれ効果的です。植物性の食品には食材の種類にもよりますが、食物繊維やビタミンC、クロロフィルやポリフェノールなどの植物性の食材特有の栄養素や、独自の栄養素が含まれています。
これらの栄養素が動物性の食品に含まれる栄養素と協力して、健康や美容に力を発揮するのです。例えば多くの野菜や果物に含まれる食物繊維は腸内で善玉菌を増やし、肉に含まれるたんぱく質が悪玉菌を繁殖させてしまう作用を抑えてくれます。
蜂の子は動物性食品です。そのため植物性の食品と合わせて摂取すると、それぞれの食品に含まれている独自の栄養素も補給できるので相性が良いといえます。

おすすめの蜂の子と相性が良い食材

ここでは具体的に、蜂の子と相性が良いおすすめの食材を紹介します。蜂の子は、単体でも健康効果や美容効果を発揮する優れた食品です。今回紹介する食材と組み合わせて摂取すれば、より大きな健康効果や美容効果が期待できるでしょう。
食材の組み合わせの違いにより、得られる効果が変わる部分もあるので、より自分が得たい効果が得られる組み合わせで蜂の子を摂取しましょう。また、複数の食材を組み合わせても良いでしょう。それでは、おすすめの食材を紹介します。

ケール

さらに詳しく(クリックで展開)

まず紹介したい食材はケールです。ケールはヨーロッパ地方原産の野菜です。キャベツの原種ともいわれており、高い栄養価を誇る植物です。そのため、ケールを食べることで多くのビタミン類やミネラル類、食物繊維やクロロフィルなどの栄養素が一度に摂取できます。
ただし、ケールには強い苦みやにおいがあり、葉や茎も比較的硬めなので人によっては食べにくいかも知れません。煮ると苦みやにおいが軽減されるので、煮込み料理の食材として蜂の子と一緒に使用すると食べやすくなるでしょう。
また、ケールは青汁の原料としても広く知られています。ケールが手に入りにくい、調理が面倒という人は、ケールの青汁を蜂の子を食べる際に同時に頂くと良いでしょう。青汁と蜂の子の組み合わせで、植物性と動物性の栄養バランスがとれた食事が可能です。

大麦若葉

さらに詳しく(クリックで展開)

大麦若葉は、大麦のまだ穂がでていない状態の若い葉の部分です。大麦若葉をそのまま食材として使用することはありませんが、ケールと並び青汁の原料として親しまれています。ケールに負けないくらい多くのビタミン類やミネラル類、食物繊維などが含まれており、蜂の子と合わせて摂りたい食材としておすすめできます。
大麦若葉に含まれる成分の中で、特に注目すべき成分はSOD酵素です。この酵素には強力な抗酸化作用があり、身体を余剰に発生した活性酸素の害から守ります。活性酸素は本来身体を細菌などから守るために必要ですが、ストレスや大気汚染などの影響で余剰に発生すると身体を傷つけてしまいます。
その結果、年齢以上の老化や動脈硬化、ガンなどの病気になるリスクが高まってしまいます。大麦若葉からSOD酵素を補給すると、抗酸化作用が発揮されて余剰な活性酸素を無害化してくれます。そのため細胞の健康が維持され、若々しさや健康の維持に役立ちます。
大麦若葉は一般的には青汁として加工され販売されています。蜂の子と組み合わせて摂取する際も、青汁を組み合わせると良いでしょう。ただし、商品によっては製造過程で酵素が失われているものもあります。SOD酵素をしっかりと補給するには、酵素を残す製造方法で作られた青汁を選ぶようにしましょう。

ほうれん草

さらに詳しく(クリックで展開)

ほうれん草は身近にある栄養価の高い緑黄色野菜の代表です。旬の時期は晩秋から冬の間ですが、現在ではハウス栽培で栽培されたものがいつでも購入できます。そのため健康維持に毎日食べる人も増えています。
赤ちゃんの離乳食にも茹でたほうれん草が使用されるなど、多くの人にとって子供の頃から慣れ親しんだ野菜でしょう。そのため、蜂の子の合わせやすい食材のひとつといえます。
ほうれん草は鉄分が多く含まれる野菜です。鉄は動物性たんぱく質と一緒に摂取すると、吸収率が高まる成分です。蜂の子には良質の動物性たんぱく質が含まれていますので、蜂の子とほうれん草の組み合わせは鉄分の吸収率を高める組み合わせです。
ほうれん草には栄養成分の吸収を妨げる性質があるとされるシュウ酸が含まれています。シュウ酸は水に溶けやすいので、ほうれん草を軽く茹でるとシュウ酸を抜くことができます。ほうれん草を蜂の子と組み合わせて摂取する際も、軽く茹でる調理法で調理するとよいでしょう。

大豆

さらに詳しく(クリックで展開)

豆類も蜂の子と組み合わせて摂取する食材としておすすめです。特に大豆は古くから日本人が親しんできた食材なので、おすすめしたい食材です。大豆には植物性たんぱく質が多く含まれています。そのため、蜂の子と組み合わせると、植物性たんぱく質と動物性たんぱく質が同時に摂取でき、バランスが良くなります。
また、大豆に含まれるサポニンは、脂質の酸化を抑え、酸化した脂質が原因のひとつである動脈硬化を予防する働きもあります。動物性の脂質は比較的酸化しやすいので、蜂の子の脂質の酸化を防ぐためにも、大豆との組み合わせは効果的です。
また、大豆には脳細胞の働きを助けるレシチンや、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをして、更年期障害を改善するイソフラボンも含まれています。蜂の子を摂取する際に大豆も摂取すれば、これらの栄養素の効果も同時に得られるでしょう。

納豆

さらに詳しく(クリックで展開)

納豆は大豆を納豆菌で発酵させて作ります。大豆が原料なので植物性たんぱく質が豊富で、食物繊維やビタミン類やミネラル類も含まれています。また、納豆菌自体も人体に有益な菌として知られています。
納豆菌は胃酸にも耐え、腸内に到達する細菌です。腸内に到達した納豆菌は、悪玉菌の繁殖を抑える働きをします。その結果、善玉菌が多く繁殖できるので、腸内環境が整い健康状態も改善されるのです。
また、納豆に含まれる食物繊維も、腸の運動を活発化する作用や善玉菌を増やす作用があります。これらの力で腸の機能が高まると、動物性食品である蜂の子の栄養成分の消化吸収率も高まります。
納豆はご飯と一緒に食べると、白米に含まれている糖分による血糖値の上昇を抑える働きもあります。蜂の子は炊き込みご飯でもおいしく食べられますが、納豆をかけて食べると、より高い栄養価と優れた栄養バランス、血糖値の上昇を抑える作用などが期待できるのでおすすめです。

玄米

さらに詳しく(クリックで展開)

玄米は稲のモミから籾殻を取り除いたものです。白米よりも取り除かれる部分が少ないので、その分多くの栄養素が残されています。ただし、白米よりも消化しにくいので軽く炒って消化しやすくするか、よく噛んで食べるなどの工夫が必要です。
玄米には善玉菌のエサとなり整腸効果を発揮する食物繊維や、強力な抗酸化作用があるビタミンE、代謝やエネルギーの生産に必要なビタミンB群などが含まれています。さらに、ガンマ‐オリザノールという特殊な成分には、血糖値の上昇を抑える作用や、コレステロールの吸収を抑える作用があるため、動脈硬化や糖尿病を予防する効果も期待できます。
蜂の子と組み合わせると、玄米の食物繊維の力で腸の機能が高まるので、蜂の子の栄養素の吸収率も高まります。また、各種ビタミン類、ミネラル類も植物性と動物性のものが同時に摂れるので、栄養バランスも向上します。玄米の炊き込みご飯に蜂の子を加えると、おいしい組み合わせになるでしょう。

より簡単に蜂の子の効果を得るために

蜂の子は健康効果や美容効果を発揮する食材です。前章で紹介した食材と一緒に摂取をすれば、より大きな効果も期待できます。しかし、蜂の子は一般的には入手が簡単ではない食品です。
そのため蜂の子を確実に購入し、その効果を得たい人には、通販で蜂の子サプリメントの購入をおすすめします。サプリメントでしたら年間を通して安定した量の購入が可能です。また、カプセルやタブレット状に加工されているため、蜂の子の見た目が苦手な人も飲みやすいメリットもあります。
蜂の子のサプリメントを摂取する際に、蜂に子に合う食材を同時に摂取すれば、蜂の子と組み合わせたときと同じような効果が期待できます。

良い組み合わせでより健康になろう

いかがでしたでしょうか?蜂の子をいつもの食事にプラスするだけでも、大きな健康効果が期待できます。そして、今回お伝えしたように蜂の子と合わせて摂ると、より大きな効果が期待できる食材もあります。
これらの食材を取り入れると、蜂の子の栄養素の吸収率の向上や栄養バランスの改善がなされます。その結果、より優れた健康効果や美容効果が実感できるでしょう。もちろん、主食はしっかりと食べ、その上で蜂の子や蜂の子と合う食材を摂るようにします。
そうすることで、蜂の子の有効成分がしっかりと効くための土台を作ることができます。安定した食生活、蜂の子と良い組み合わせの食材の摂取を継続し、蜂の子の効果を実感しましょう。

関連コラム一覧