メインイメージ メインイメージ

蜂の子を通販で買う時の注意点

蜂の子を通販で購入する際には、いくつかの注意点があります。これらの注意点を守ることで、通販で安全に購入が可能になります。

チェックポイント5点

価格に注意する

蜂の子を通販で購入する際は、価格に注意しましょう。通販で購入できる蜂の子の相場は、60g入りの瓶詰めや缶詰めで千数百円ほどが相場です。明らかな品質上の理由がない限り、相場価格よりも大幅に高い商品は避けた方が良いでしょう。
また、相場よりも大幅に安いものも注意が必要です。安くても、原産国やメーカーがハッキリとしないものは、品質が悪い可能性があるので購入を控えた方が無難といえます。

賞味期限を確認する

蜂の子の賞味期限は多くの場合1年以上あるのですが、実際に販売されている商品の賞味期限が切れかけていないか、注意する必要があります。悪質な業者は、賞味期限が切れそうな品も販売することがあります。あらかじめ会社名や評価数などから、信頼できる会社が販売しているか確認すると良いでしょう。

レビューの評価も参考にする

通販サイトで商品を購入する際、参考になる情報が購入者のレビューです。通販では実際に商品を見ることができないので、購入者の情報がとても参考になります。レビューには、実際の蜂の子の味や状態、販売業者の誠実さなどが書かれています。
それらを参考にすると、良い蜂の子を見分けることができます。ただし、レビューにはやらせがある場合もあります。あまりにも高評価ばかりが目立つものや、誇大表現に感じられるレビューが多くあるものは避けた方が良いでしょう。

旬の時期に購入する

蜂の子は蜂の幼虫なので、幼虫が大きく育つ時期に採取します。冬は親蜂が冬眠に入るので、幼虫は育たず蜂の子は採取できません。加工されたものは、1年から2年ほどの賞味期限があるので一年中購入できます。
しかし、新米と同様に、その年の旬に採取された蜂の子を購入した方がより新鮮な蜂の子を食べられます。蜂の子の旬は10月から11月上旬です。この時期は、蜂の子として採取されるクロスズメバチの幼虫が大きく育つ時期なので、栄養豊富な蜂の子が採取されます。
また、あまり市場に出回っていませんが、ミツバチの蜂の子の旬は春から初夏にかけて、蜂の子として使用されるオスの蜂が育つ時期とされています。健康のためには、より新鮮な蜂の子が販売される、その年の旬のものを購入しましょう。

信頼できるメーカーの商品を購入する

通販で買い物をする際は、販売しているメーカーが信頼できるメーカーかどうかが大切です。ショッピングサイト以外にも会社のホームページが存在し、会社情報や連絡先が正しく紹介されているかなどを調べましょう。
中には会社のホームページが存在せず、電話番号も明記されていないサイトも存在するようです。そのようなサイトでは購入せずに、信頼のおけるメーカーの蜂の子を購入しましょう。

安定した効果が出やすいサプリメントがおすすめ

通販では瓶詰めや缶詰めの蜂の子の他にも、サプリメントの蜂の子も購入できます。サプリメントの蜂の子は、一年を通して安定した品質で購入が可能です。また、見た目もカプセルやタブレット状なので、蜂の子の形状が苦手な人も安心して飲めるメリットがあります。味もほとんどしないので、蜂の子の味が苦手な人も摂取可能です。
これらの理由から、多くの人に安定した効果が出やすい、サプリメントで蜂の子を摂取することも良い方法といえます。実際サプリメントは、普段の食事のメニューや量に左右されにくく、常に一定の量を摂取できます。蜂の子の効果を安定して得たい人は、サプリメントでの摂取をおすすめします。

関連コラム一覧