メインイメージ メインイメージ

蜂の子に含まれる栄養成分

近年優れた健康食として注目が集まる蜂の子。実際に多くの人が蜂の子を摂取し、その効果を実感しています。蜂の子の成分を調べてみると、その効果を裏付けるように様々な有効成分が含まれていることが分かりました。
今回は蜂の子の成分について紹介します。各成分の効果を知り、より蜂の子について理解を深めていきましょう。

蜂の子の栄養素

蜂の子の栄養素は、アミノ酸やビタミン類やミネラル類を始め、人体に必要な栄養素が数多く含有されています。どの栄養素も人体に必要なものばかりで、蜂の子だけでも様々な栄養素が補給できるのです。また、蜂の子は親蜂と違い、まだ毒針がないので毒を持ちません。その点も、安心して蜂の子が食べられる理由のひとつでしょう。
それでは、蜂の子の栄養素を分類別に紹介していきます。

蜂の子とアミノ酸

さらに詳しく(クリックで展開)

蜂の子は必須アミノ酸と非必須アミノ酸を含む、アミノ酸スコアの高い食品です。そのため、アミノ酸の補給に適した食品であるといえます。アミノ酸スコアは高い方が良いとされ、食品に含まれているアミノ酸の種類が多いほど高くなります。
アミノ酸は植物性の食品にも含まれていますが、動物性の食品よりも含まれているアミノ酸の種類が少なく、その分アミノ酸スコアも低くなります。蜂の子は動物性の食品で、必須アミノ酸全種を始め多くのアミノ酸が含まれているため、アミノ酸の摂取にも適した食品です。
アミノ酸は、身体のあらゆる組織を構成する主要な成分である、たんぱく質の材料です。そのため、アミノ酸が不足すると、全身の機能低下や体力の低下の原因となります。アミノ酸は不足しないよう、普段から積極的に摂る必要があります。
美容面からみても、アミノ酸は欠かせない成分です。肌にハリや弾力を与えるコラーゲンは、アミノ酸が集合した物質です。また、アミノ酸は肌の保湿効果を保つ働きもあります。このように、アミノ酸は健康面、美容面どちらの効果を考えても欠かせない成分です。
必須アミノ酸は体内で合成できないため、食事やサプリメントから摂取しなければなりません。蜂の子や、蜂の子のサプリメントは必須アミノ酸を手軽に補給できるのでおすすめです。

蜂の子とビタミン

さらに詳しく(クリックで展開)

蜂の子にはビタミン類も含まれています。ビタミンは美容と健康に欠かせない成分で、食事やサプリメントの摂取により補給する必要があります。蜂の子はナイアシンやビタミンB2の含有量が多く、その補給に適しています。
ナイアシンはアルコールを分解する際に補酵素として活躍するため、よくお酒を飲む人は積極的に摂取したいビタミンです。脂質や糖質の分解を促し、エネルギーを生産する役目もあります。
ビタミンB6は、主にたんぱく質の分解、合成を行うビタミンです。食事から摂取されたたんぱく質は、ビタミンB6の働きで体の各組織の材料として再合成されて使用されます。また、たんぱく質の構成成分である、アミノ酸を分解してエネルギーを生みだす働きもあります。
蜂の子には他にも、多数のビタミンが含まれています。ナイアシンやビタミンB6のより詳しい解説や、蜂の子に含まれるビタミンについて、もっと知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

蜂の子とミネラル

さらに詳しく(クリックで展開)

蜂の子にはミネラル類も多く含まれ、特にカリウムが豊富です。カリウムにはナトリウムの排出を促す作用があります。
日本人は塩分を摂りすぎる傾向にあり、ナトリウムが過多になりがちです。体内にナトリウムが多すぎるとむくみや口臭、高血圧などが引き起こされます。蜂の子からカリウムを摂取して、これらの症状を防ぎましょう。
蜂の子にはほかにもたくさんのミネラルが含有されています。蜂の子にふくまれるミネラルについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてください。

蜂の子のその他の栄養素

蜂の子にはアミノ酸やビタミン類、ミネラル類の他にも人体に必要な栄養素が含まれています。この章では蜂の子に含まれる、その他の栄養素についてお伝えします。

たんぱく質

さらに詳しく(クリックで展開)

蜂の子には良質なたんぱく質が含まれています。たんぱく質は体内で一度分解され、各組織の材料やエネルギーに変換されます。蜂の子の成分の1割以上がたんぱく質と、その含有量が多くたんぱく源として摂取されてきました。
たんぱく質は身体を構成する主要な成分です。内臓や骨、筋肉や皮膚、髪など、身体のあらゆる組織がたんぱく質を基礎として構成されています。そのため、日々良質なたんぱく質を摂取することが大切です。
栄養学上は、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の1対1での摂取が理想とされています。蜂の子は動物性の食品なので、植物性の食品である青汁や大豆などから植物性たんぱく質を同時に摂取すると良いでしょう。たんぱく質に含まれるアミノ酸のバランスが良くなり、たんぱく質の効果をより高く引き出すことができます。

オレイン酸

さらに詳しく(クリックで展開)

オレイン酸は不飽和脂肪酸の一種である油です。酸化しにくい性質があり、生活習慣病の予防に発揮する成分です。オレイン酸は善玉コレステロールを増加させ、悪玉コレステロールを減少させる作用があります。体内で悪玉コレステロールが増加し酸化がはじまると、血管を劣化させてしまいます。その結果、高血圧や動脈硬化などの病気になるリスクが高まります。オレイン酸はコレステロールのバランスを改善し、動脈硬化などの病気を防ぐ効果があります。
また、オレイン酸は腸に刺激を与えるので、腸の運動を活発化させる作用もあります。その作用により、腸の排出力を高め便秘を解消する効果も期待できます。

蜂の子のカロリー

さらに詳しく(クリックで展開)

これだけ多くの栄養素がある蜂の子のカロリーは、どれぐらいあるのでしょうか?いくら栄養が豊富でも、カロリーが高すぎてはかえって肥満や高血圧の原因になりかねません。しかし蜂の子は、100g中およそ250kcalと低めです。
成人の1日のカロリー摂取量目安は、1800kcalから2200kcalほどです。他の食品と組み合わせて食べるには、丁度良いカロリー値といえるでしょう。
また、サプリメントの蜂の子は、栄養を抽出してカロリーはより抑えてあります。そのため、1日の摂取量目安を守れば、カロリーを気にせずに蜂の子の栄養素の補給が可能です。
蜂の子を摂取し、カロリーが高めな食品を減らすと、栄養をしっかり補給しつつカロリー制限が可能になります。

蜂の子は優れた健康食品

いかがでしたでしょうか?蜂の子には今回紹介したように、数多くの栄養素が含まれています。これだけの栄養素を含む食品は中々ないでしょう。そのため蜂の子は、昔から世界中で食べられてきた歴史があります。
蜂の子は昆虫の幼虫なので、その形状から食べることに抵抗がある人もいるでしょう。しかし、その健康効果はとても優れています。見た目に抵抗がある人は、蜂の子のサプリメントから蜂の子の栄養素を補給するようにしましょう。
蜂の子は優れた栄養食品です。日々の健康や美容のために、一度お試しになってはどうでしょうか?

関連コラム一覧